ヴィンテージウォッシュ加工の帆布の取り扱いに関して

(POCKET TOTE、STANDARD TOTE、TOOL TOTE、Mini Flap Bag、FLAP BAG)

こちらの生地は洗うことができます。
お洗濯の際は手洗いをするか、裏返しにしてネットに入れて洗濯機でお洗濯をしてください。


脱水後はシワが付きやすいので、しっかりとシワを伸ばして干してください。
アイロンをかける場合は、必ず当て布をしてかけてください。
(生地のテカりの原因になります)

色落ちはほとんどしません。
こちらで検証した際には他のものへの色移りはほぼありませんでしたが、
不安な方は単体でのお洗濯をお勧めします。




パラフィン加工の生地の特徴・お手入れ方法

(YOKO-NAGA、RUCK、KAKU-RUCK)

パラフィン加工とは、生地にロウびきをして、撥水効果をもたせる加工のことです。
使い始めは、パラフィンの独特のにおいがします。
最初は特に生地が固く感じますが、使用していくことにより徐々に固さは無くなっていきます。

パラフィン加工は、こすると白い跡がつきます(チョークマークと言われます)
このチョークマークは、パラフィン加工独特の味わいの一つですが、アイロンを当てることで消すことが出来ます。

防水効果がありますので、お洗濯などの水に通すことは避けてください。
汚れた際は、固く絞った布で叩くように拭き落としてください。
こするとその部分だけが色落ちしてしまいます。
しっかりと付いてしまった汚れはなかなか落とすことが難しいです。
使っていくうちの汚れやキズは、味わいの一つとしてお使い下さい。